関西空港と関西空港駐車場

「新空港本体と連絡橋を合わせた事業費が、ざっと一兆三千億円、それに大阪湾岸道路をはじめとした高速道路網と鉄道などアクセス交通手段の整備、また大阪府や地元自治体による周辺整備事業も加わってくる。さらには大規模・短期施工となれば、大型建設機械や作業船の大量発注も見込まれる。これらを含めると新空港は″五兆円プロジェクト″となる」

これが第一次答申をみて経済界に走った思惑であった。新空港の建設工事への参画と合わて、大型建設機械や作業船などの″新空港特需″を期待したのである。続いて関西空港駐車場の民間運営駐車場について同様に考えてみよう。